手汗就職

多汗症でも就職できるの?

多汗症でも就職できるのでしょうか?

多汗症といっても、顔や脇、手汗と汗をかいてしまう場所にも個人差があるものですが、特に手汗がひどい場合には、就職できるか心配になりますよね。

手汗で書類などが濡れてしまうからデスクワークは無理、人に不快感を与えてしまう可能性がある接客業もダメと職種が限定されてしまうと、そもそも就職なんてできないんじゃ・・・なんて思ってしまいます。

でも、逆転の発想で、常に手袋をしているような業種に就くという方法もあります。

例えば、製造業や運転手などであれば、手袋をしていられるので、手汗を気にせずに仕事ができるかもしれません。

ただ、手汗がひどすぎる場合には、こまめに手袋を変えて手汗を拭くようにしないと、かぶれてしまったりあせもができるなどの肌トラブルになることもあるようです。

それでも、接客業や営業、事務などよりは就職しやすく、働きやすいのではないでしょうか。

また、手汗の程度にもよりますが、紙や水を扱う仕事に就くと、手汗で仕事に支障が出ることが少ないといわれています。

このページは薬事法を守って、あくまでも個人の感想を載せています。効果効用には個人差がありますので何かを買ったりする場合は注意なさってください。何かある場合はサイト内の連絡フォームよりご連絡ください。管理者 西山


TOP PAGE