更年期障害手汗

更年期障害でも手汗が出る事ってある?

更年期障害でも手汗が出る事はあります

それは、更年期障害によって女性ホルモンや男性ホルモンの分泌が減少してしまうと、それが原因で自律神経が乱れてしまう事があるからです。

この自律神経である交換神経が上手く機能しなくなり過剰に反応するようになると、急な発汗といった症状が現れて手汗が出てしまうようになるのです。

ただ、更年期障害では手よりも、顔や首、胸といった心臓よりも上の方に汗をかきやすくなる傾向があるとも言われていますので、もし本当に手汗を改善したいのならば詳しく調べる必要があるでしょう。

更年期障害は、閉経が近い45歳から55歳ぐらいの女性に多く見られる症状です。

その為、この程度の年齡から急に手汗が出るようになった、と感じる場合には、まずは病院にてホルモン検査を受けてみましょう

現在では、更年期障害が原因で手汗が出ているのならば、ホルモン補充療法等によってその症状を改善させる事も可能となっています。

このページは薬事法を守って、あくまでも個人の感想を載せています。効果効用には個人差がありますので何かを買ったりする場合は注意なさってください。何かある場合はサイト内の連絡フォームよりご連絡ください。管理者 西山



TOP PAGE