手汗病院

手汗で病院に行ったらどんな治療をする?


ここでは病院で行う手汗の治療法について詳しく書いています。


治療の流れを書いておくと

・制汗剤、デオドラント、薬処方
・生活習慣指導
・手術(ETS手術)


こんな感じでステップアップしていきます。


手汗で病院に行くなら皮膚科が基本


まず病院に行くなら皮膚科です。

で、皮膚科に言って何をするかと言うと、とりあえずは問診されて、何が原因で起こっている多汗症なのか?

手汗症なのかをチェックします。


こちらの手汗の原因手汗と遺伝にも記したとおり、

あなた自身、今現在、

・甲状腺疾患
・糖尿病
・精神的な薬を飲んでいる

などに該当しない場合は、

大半は遺伝から来る多汗症に分類されることになると思います。

その後、具体的な治療に入ります。

(そういった病気を患っていれば内科などに回されることもあります)


具体的な病院の治療法


病院ではどんな治療をするかと言うと、上にも記しましたが、

・制汗剤、デオドラント、薬処方
・生活習慣指導
・手術(ETS手術)


こんな感じです。


制汗剤やデオドラントは私が使ったような一部の皮膚科でも使われている制汗剤を使ったり、塩化アルミニウム系のものを使ったり、病院によって様々です。

後は生活習慣でもひどくなるのでそういった指導。

それでも難しければ、外科的にEST手術(腹腔鏡の手術で交感神経を切除する手術)を行います。


実際、手術まで行う人は少ないですが(上記のような制汗剤で泊まることが多いため)

皮膚科や病院に行って何をするか?と言うことは心構え的に知っておいて損はないと思うので、

「あぁこんな流れなんだ」

ということは覚えておいてくださいね。

 私が使った制汗剤、デオドラントはこちら


このページは薬事法を守って、あくまでも個人の感想を載せています。効果効用には個人差がありますので何かを買ったりする場合は注意なさってください。何かある場合はサイト内の連絡フォームよりご連絡ください。管理者 西山
紙が濡れてしまうくらいの手汗は、病院で検査してもらった方が安心でしょう。手汗が酷いと言っても、手がしっとりと湿ってしまう程度の方から、手汗でペンが滑って字が書けない方まで、その症状は様々です。制汗剤を使用してある程度手汗を抑える事が出来たり、普段の日常生活に支障がなかったりするようでしたら、わざわざ病院で治療する必要はないかもしれませんが、紙が濡れてしまう程の手汗でしたら、ちょっと不便だと思われます。ここまで手汗が酷いと、ペンと紙を使用しなくても、パソコンでキーを打つ時でさえもキーボードが濡れてしまうでしょうし、仕事にも支障が起きてしまうかもしれません。手汗は専門医の治療によって、かなり改善される事が判っています。普段から手汗で不便な思いをしているようでしたら、一度病院で相談してみましょう。精神的なものが大きな原因であれば手術の必要もなく、心理面をトレーニングする簡単な治療だけで手汗が改善出来るようになるかもしれませんよ。


TOP PAGE