内服薬手汗

内服薬で手汗は治まる?

内服薬でも手汗は治まります

手汗を抑制させる為には、塩化アルミニウム等が配合された制汗スプレーの使用や、ETS手術といった外科的な処置をイメージする事が多いと思います。

けれど、手汗が多く出てしまう原因は精神的な要素も大きく関係している事が多く、気持ちをリラックスさせる事で手汗を抑える方法もあります。

具体的に処方される薬としては、心の不安や緊張を取り除いてくれる向精神薬や、自律神経のバランスを整えてくれる自律神経調整剤、そして交感神経に直接働きかける抗コリン薬などがあります。

もちろん、薬ですのでどちらに対しても副作用の心配はあります

特に抗コリン薬の場合、口の渇きや排尿障害といった様々な症状が挙げられています。

ただ、手汗が緊張や不安、自律神経のアンバランスから来ているものだとしたら、内服薬は期待以上の効果を発揮してくれるでしょう。

手汗の原因として少しでも心当たりがあるようでしたら、是非一度試してみては如何でしょうか?

このページは薬事法を守って、あくまでも個人の感想を載せています。効果効用には個人差がありますので何かを買ったりする場合は注意なさってください。何かある場合はサイト内の連絡フォームよりご連絡ください。管理者 西山


TOP PAGE