手汗対処法

手汗の対処法って?


ここでは手汗の対処法について解説します。


「ひどい手汗、いったいどうしたらいいんだろう?」

ずっと悩んでました。

結果的には自分に合うデオドラントを見つけたおかげで、私の場合は克服できたんですけど、それまでに試した色々な対策について書いておきたいと思います。


ほんと色々試したんです


こちらのページにもざっと書いたので、ここではもう少し詳しく書いておくと、普段から手汗がすごかった私はこういった対策をしました。

・エイトフォーやギャッツビー
・ミョウバン
・塩化アルミニウム水
・やたら高い怪しいマニュアル


まずはとりあえず近所のドラッグストア、薬局で制汗剤と言うのを買いました。

当時はギャッツビーやエイトフォーが流行ってたので、そういったものを2つ3つ試したのを覚えています。


で、こういったやつは確かに止まります。

そしていい香り笑

でも、結局、気づいたらいつもどおりベタベタで、マウスや携帯が汚れてます。

「あー、こういうのってつけてる時だけなんだ」と学生ながらに気づいたのはいい思い出です。


ミョウバンや塩化アルミニウム水


ミョウバンはいわゆる食品添加物の一種で食べ物に使われているものです。

で、これが汗を止めるなんてことが言われているということをネットで知って、アマゾンで取り寄せてみたんですが、まぁ普通に効果が出ず笑

どうやら薬品の塩化アルミニウム水の方が効果が強いとのことでした。


そこで塩化アルミニウム水と言うのをアマゾンで買ってみました。

その結果については塩化アルミニウム水のページで書いておきましたが、やっぱりこれも結果が出ず。

「個人差なんだろうけど効かないなー」と思ったのを覚えています。


やたら高い怪しいマニュアル


今でも売られててびっくりするんですが、1万とか2万とかの高い値段で「手汗治ります!」と言うような本みたいなやつです。

アレ、買いました笑

1万ぐらいしたくせに、内容は本屋のツボ押しの本と大差ない内容で、1回しか読みませんでしたが、効果が出るはずもなく。

別に詐欺ではないんだろうけど、個人的には騙された感、満載でした。

とにかく高額ですし。


で、結局どうやって直したの?


色々手汗の対処法を書いてきましたが、私自身、手汗を克服したときにやってたのは3つです。

・皮膚科でも使われている制汗剤
・運動
・自律神経を整える


の3つを同時にやりました。

詳しくは

手汗がひどい原因

の記事にも書いておきましたが、とりえあず手汗をデオドラントで強制的に止めて、その間に運動と自律神経を整えることで、根本的に治す。

そんな感じです。

以下にその時使ったデオドラント、制汗剤についても書いておいたのでチェックしてみてください。

このページは薬事法を守って、あくまでも個人の感想を載せています。効果効用には個人差がありますので何かを買ったりする場合は注意なさってください。何かある場合はサイト内の連絡フォームよりご連絡ください。管理者 西山
手汗の対処法には、どんなものがあるのでしょうか?手汗の対処法としてよく行われているのが、制汗剤を使う方法でしょう。手汗の症状の程度によっては、ドラッグストアなどで売られている制汗剤でも効果があるかもしれません。でも、手汗をたくさんかいてしまう場合には、手汗を抑えることを目的とした制汗剤や塩化アルミニウム液などの方がより効果があるはずです。それに、手汗を抑えるツボを刺激するという方法も意外と効果があります。手汗を抑えるツボは手や足などにいくつかありますから、自分にとって押しやすいツボをみつけて地道に続けてみてください。また、鍼灸治療や漢方薬などで体質改善することで、手汗を抑えられることもあるでしょう。東洋医学的なアプローチは、即効性はありませんが、体質を改善することで手汗が出なくなるようにするので、制汗剤などと併用するのがオススメです。西洋医学的な対処法でいえば、薬物療法や手術、ボトックス注射などもありますが、いずれも副作用が出る恐れがありますから、体質などと相談の上、慎重に行いたいですね。


TOP PAGE