ETS手術手汗

ETS手術なら手汗が出なくなる?

手汗で悩んでいる人にとって、いわば最終手段ともいえるのが、手術でしょう。

手術で手汗をかかないようにしてしまえば、もう手汗に悩まされることはなくなります。

手汗を治療する手術として、最もよく行われているのが、ETS手術です。

ETS手術とは、胸腔鏡下胸部交感神経遮断術ともいわれ、脇の下から胸腔鏡を挿入し、医師が目視しながら汗を分泌させる交換神経節を切断するというものです。

どの病院でも行っている手術ではありませんし、それぞれの病院によっても手術に至るまでの過程や実際のやり方は異なるでしょう。

ETS手術は代償性発汗という副作用が起きてしまうことでも知られています。

つまり、ETS手術を受けると、手汗を抑える代わりに、他の箇所から大量の汗をかいてしまうことがあるのです。

それをできるだけ抑えて、手汗を止める効果を得るためには、腕のいい医師が施術を行ってくれる病院を慎重に選ぶ必要があります。

中には、手汗は治まったものの、今度は代償性発汗で悩むハメになったという人もいますから、病院選びは非常に重要です。

このページは薬事法を守って、あくまでも個人の感想を載せています。効果効用には個人差がありますので何かを買ったりする場合は注意なさってください。何かある場合はサイト内の連絡フォームよりご連絡ください。管理者 西山


TOP PAGE